デジモンアドベンチャー tri.

SPECIAL

『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』初日舞台挨拶レポート「こんな幼なじみに挟まれたい(笑)」(空役・三森すずこ)

待望の第4章「喪失」が、2017年2月25日(土)より全国13館にて上映開始!
新宿バルト9にて行われた初日舞台挨拶の模様を、とっておきの写真とあわせてお届けします!

「デジモンアドベンチャー」テレビ放送15周年をを記念して製作された、初代「デジモンアドベンチャー」シリーズの続編 『デジモンアドベンチャー tri.』(全6章予定配給:東映アニメーション・東映/製作:東映アニメーション)。 その後半のスタートとなる第4章「喪失」が2月25日(土)より劇場上映開始となり、新宿バルト9で初日舞台挨拶が行われた。

影ナレによるキャラクタートークと共に、三森すずこ(武之内空役)、重松花鳥(ピヨモン役)、甲斐田裕子(姫川マキ役)の3名が ステージに登場。劇場上映初日を迎え、三森は「収録したのが夏終わりだったので、やっとこの日が来て嬉しいです」と笑顔で挨拶。 今回が『デジモンアドベンチャー tri.』の舞台挨拶イベントへ初参加となる甲斐田も、「やっと皆さんに観て頂けて嬉しいです」と 喜びを語る。。

MCから本作の印象的なシーンについて聞かれると、三森は「空がピヨモンに他人行儀に冷たくされて落ち込んだり、 太一とヤマトが空の気持ちを全然わかってくれなくてイライラしたりと、感情が波のように動きました。 一視聴者のように『あ~空大変だな~』とか、『空みたいに太一とヤマトに挟まれたい。こんな幼馴染欲しい(笑)』とか 色々な感情が湧き出てきました」とコメント。一方、重松は「ピヨモンがやっと進化できたことです。 みなさんちゃんと技名を聞いていただけましたか?スターライトエクスプロージョンですよ」と、 自身の演じるピヨモンがアニメで究極体に進化できた喜びを語った。

続いて、これまでのアフレコについて、三森は「第3章でパタモンが『僕が感染したらやっつけて』というシーンがあるんですけど、 『なんて健気なんだ。そんなこと言わないで』って思ってアフレコで涙が出そうになりました。 もう松本美和さん(パタモン役)を抱きしめたくなりました」と、アフレコの思い出を振り返った。

また、本作で浪川大輔が演じる西島大吾と姫川マキの大学生時代の恋模様が描かれていることについて、 甲斐田は「浪川さんとは他の作品でご一緒することも多いので、掛け合いは全く問題なかったです。 でも今回は大学生という設定のため若い声でという指示があったのですが、浪川さんが第一声から思ったよりずっと若い声で来て 『どうしたらいいんだろう』って思いました」と、浪川に対し困惑したことを明かした。

この日、第5章のサブタイトルは「共生」で、2017年内に劇場上映されることも発表された。先日、第5章のアフレコも実施。 重松は今後の展開について、「大変だよ!衝撃!心が痛いです!」と衝撃発言をし会場をざわつかせた。 最後に、三森が「シリーズも後半戦に突入して、今回の第4章も『どうなっちゃうの?』っていう展開なので、 第5章も第6章も楽しみに待ってていただきたいです。そして、面白かったって思って頂けた方はSNSで投稿していただいて、 もっとたくさんの方に観て頂けると嬉しいです!」と、本作をPRした。

『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』は、全国13館にて大ヒット劇場上映中!
http://digimon-adventure.net/theater/